渋谷の質屋で利息について考える

質屋で言う利息とは、質屋に担保を預けてお金を融資してもらったその金銭に対して、金額と融資を受ける期間とに比例して、支払うものです。

利息はその比例の一定の割合のことを示します。

質屋の利息は質屋営業法によって定められています。

一般の消費者金融などの貸金業とは利息の基準が違います。

過払い金などの問題が話題になるたびに耳にする、上限金利は、質屋と他の金融業者とでは金額が変わってきます。

カードローンの金利は、年利で20パーセントまでとなっていますが、質屋営業法では、年利で上限金利が109パーセントを超えます。

質屋営業法が定める上限金利は目安なので、実際の金利は質屋によってさまざまです。

渋谷の質屋でも、数軒を比較すると価格が違うのがわかります。

質屋の営業形態の特徴として、有担保で質入れする品物の価値で、融資額が決定されること、借りたお金は3カ月という短い時間に返済するか、流してしまうかになること。

有担保ローンは担保の価値が元になるローン形態で、その人の信用情報などは特に関係がないこと、担保を最初に出しているので、もし流れてしまったとしても、その後、融資額を督促されたりするようなことはないことなどがあげられます。

質屋がチェックに時間をかけるのは、持ち込まれる商品が盗品やコピー商品などでないかという点です。

きちんとした品物を担保にしている分には、問題はないでしょう。

同時に、カードローンでは無担保ローンですから、借りる人の経済的な状況が融資が出るか出ないかの判断基準になります。

万が一返済が遅れたり、滞ったら、信用情報がリスクになります。

もちろん、返済しなければ督促されます。

金利面だけを比較すると、質屋は手ごろな金融機関とは言いにくいことがわかりますが、反面、気軽に融資を受けられる利点もあります。

ローンには興味があるけれど、カードローンには抵抗があるという人は、渋谷に出かけたついでに、質屋体験してみるのもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

Filed under 渋谷の質屋で出質

Comments are closed.