渋谷の質屋で利上すると、流質期限を延長することができる

質屋で利上と言えば、利息を支払って預かり期間の延長をすることをいいます。

質入れをしたものの、流質の期限にはお金を返すことができそうにないという時、1カ月分刻みで利息を支払うことで、利上げになり、その分の流質期限が延長されます。

質屋では、利息のことは質料といいます。

渋谷の質屋では、法律の範囲内で利息率はその質屋によって違います。

1カ月の質料は、質札などにも明記されています。

流質期限が近づいてきて、返済ができそうもない場合は、早めに質屋に電話などで連絡を入れて、渋谷に質料を収めに行きましょう。

銀行振り込みなどが利用できるところもあります。

利上げでは、1カ月分を支払うたびに、返済期日が1カ月延びることになります。

ムリのない返済をするためにも、質屋は計画的に使いましょう。

また、利息を考えると、少しでも早く返済を行うようにするのが基本です。

質屋は基本的には品物を預けることでお金を借りるわけですから、有担保ローンということになります。

無担保ローンのカードローンが一般に普及している現在ですから、質屋でお金を借りるということは、それほど多くの人に利用されているわけではないかもしれません。

とはいえ、カードローンと質屋は利率を決定する法律が違います。

質屋は契約期限は3カ月で、3カ月経過して返済を行わないと、担保が質流れになりますが、それに対して督促は発生しません。

【関連サイト】質屋の利用法《URL:http://www.zenshichi.gr.jp/pawn/azuke.php

そのため、利率を無担保ローンのカードローンなどと単純に比較すると割高になります。

無担保ローンは担保を設定しないため、借りる人の信用にかかわってきます。

返済をしなければ督促があり、給与やその他の財産が差し押さえられることもあります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 利上

Comments are closed.